ホーム > 法人電化 > 業務用給湯電化 > 実測シュミレーションの手順

実測シュミレーションの手順

実測シュミレーションの手順

手順1

現在の給湯設備の利用状況等を調査し、年間の給湯ランニングコストを実測します。

手順2

お店の規模や給湯設備の使用状況などから、最適な給湯設備プランを考案します。

手順3

現在の給湯設備と最新給湯設備を導入した後のランニングコストを実測に基づいて算出。

手順4

年間ランニングコストを算出し、ランニングコストの違いをご確認いただきます。

ランニングコスト削減に貢献する最新給湯設備

  • 新型食器洗浄機

    写真:新型食器洗浄機

    水道代・洗剤量・光熱費など、従来にくらべ、ランニングコストの約50%ダウンが期待できます。

  • 業務用エコキュート

    写真:業務用エコキュート

    光熱費の大幅ダウンが見込めることはもちろん、炎の発生がなく、衛生面や安全性からも厨房の給湯に最適です。

ページトップに戻る