ホーム > 電化厨房って? > 電化厨房機器紹介 > スチームコンベクションオーブン

スチームコンベクションオーブン

特徴

写真:スチームコンベクションオーブン

○加熱の時間と温度、および加湿量を設定するだけで、「蒸す」「焼く」「蒸し焼き」「煮る」「煮込む」「炒め物風」「フライ風」「揚げ物風」の調理が出来ます。

○スチーム、加湿オーブン、オーブンの3つのモードを使って調理を行います。

  • スチーム(蒸気)モード=「蒸す」「煮る」「煮込む」
    →例:茶碗蒸し、肉じゃがなど
  • 加湿オーブンモード=「炒め物風」「フライ風」「揚げ物風」
    →例:焼そば、ジューシーチキンなど
  • オーブンモード=「焼く」
    →例:焼魚など

○調理には、ホテルパンを使用します。

導入メリット

○時間と温度と湿度を設定するだけで調理が出来る為、調理のマニュアル化(誰でも同じ料理)が出来ます。 また、最初に設定するだけで他の操作は必要無いため、 調理中は違う作業が行えます。

○1つのホテルパンで、ほとんどの調理工程(仕込み、加熱、冷却、提供)を行えるので、料理を移し替える必要が無く、衛生的かつ経済的です。 また、ホテルパンを庫内で数段使用する事により、一度に大量の調理も行えます。

電化のメリット

○温度管理がしやすく、庫内の温度ムラも少ない。

○燃焼部分が無いため、消耗部品も少なく機器が長持ちします。

○ガスの燃焼に伴う排気が無く、また排熱も少なく、快適で清潔な厨房を維持出来ます。

ページトップに戻る

お客さまのあらゆる疑問について専門スタッフがご相談を承ります。

お問い合せフォームへ

「冷風乾燥システム」に関するお問い合わせはこちらから

お問い合せフォームへ