ホーム > 電化厨房って? > 電化厨房機器紹介 > IH調理器

IH調理器

特徴

写真:IH調理器

○家庭用と同様に炎を使わず調理。

○熱効率が高く、排熱が少ないため厨房内の温度上昇を抑えることができる。

○1~100の数字で火力調整をおこなうため、火力の目安がわかりやすい。

○温度センサーを用いて鍋の中の温度を設定することができる。

○吹きこぼれ等でよごれても、天板がフラットなため掃除がしやすい。

導入メリット

○炎が出ないため火災の心配がない。

○厨房内の温度上昇を抑えることができるため、大量調理衛生管理マニュアルで定められている「室温25℃以下、湿度80%以下」基準に適合しやすくなる。

○中火、強火など抽象的な加熱の表現ではなく「火力50%」というように具体的に指示することができ、調理する人が変わっても、同じ加熱調理が可能である。

○掃除がしやすく衛生的なため病原性大腸菌O-157などの食中毒菌の繁殖を抑えることができる。

電化のメリット

○火災の心配がない。

○熱効率がよいため、火力が強い。

○輻射熱が少なく、厨房内の温度上昇を抑えることができる。

ページトップに戻る

お客さまのあらゆる疑問について専門スタッフがご相談を承ります。

お問い合せフォームへ

「冷風乾燥システム」に関するお問い合わせはこちらから

お問い合せフォームへ